日本語に隠れた外来語

背景

日本語は外来語を取り入れることが多い言語である。これは、日本が明治維新以降、欧米との交流が盛んとなり、西洋文化が日本に入ってきたことが原因の一つである。

外来語の例

日本語にはいくつかの外来語が入っているが、その中でもよく知られているものについて紹介する。

カレー

日本ではカレーが愛されており、多くの家庭で調理されているが、実はカレーという言葉自体がインドから入ってきた外来語である。

デパート

デパートという言葉は、フランス語のdepartment storeから来ており、日本で初めて開業したのは、東京銀座にある松屋百貨店である。

ビール

ビールも外来語である。ビールは、ドイツ語のbierから来ており、日本では大正時代に広まった。

まとめ

これらの外来語は、今や日本語になじんでおり、当たり前のように使われているが、実は他の言語から入ってきた言葉であることを知ることで、日本語の奥深さを感じることができる。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です