「メニエール病」とは

メニエール病とは

メニエール病とは、耳の内部にあるリンパ液が増え、耳の機能が低下したり、圧力がかかったりして、耳の異常を起こす病気のことです。

症状

メニエール病の症状は、ひどいめまい、耳鳴り、聴力の低下が代表的です。めまいは、回転するようなめまい、ふわつく感じのめまいがあります。また、吐き気や嘔吐の症状も現れます。耳鳴りは、高音域の音が聞こえにくくなることがあります。また、聴力の低下は、耳に圧力がかかっていることが原因です。

原因

メニエール病の原因は、はっきりとは分かっていませんが、ストレスや疲れ、内部環境の乱れが原因とされています。また、遺伝要素や感染症が原因で発症する場合もあります。

治療法

メニエール病の治療法は、まず原因となるストレスや疲れを取り除くことが第一です。また、抗めまい薬やステロイド剤を用いた治療も行われます。重度の場合は、手術療法も必要になることがあります。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です