日本のサッカー界における隠れた功労者「ハンター佐野」の話

誰がハンター佐野か

彼の本名は佐野勇介(さの・ゆうすけ)で、1961年東京都生まれ。茨城県つくば市在住。昔は組織内のライトアウト(就寝)を担当しており、現在は会社員として働きながら地元のサッカークラブでカメラマンや松井大輔と共にサポーター活動に携わっている。

なぜ彼が隠れた功労者と呼ばれるのか

佐野氏は今までに日本を代表する選手や指導者達の写真を撮る等、サッカー関連のイベントでの撮影を長年に渡って行ってきた。また、サッカー博物館の無償運営や、諸々のサッカーの普及活動などで努力を重ねている。 しかし、彼が最も知られており、尊敬されているのは、選手とサポーターとの繋がりを深める功績であろう。

彼は広範囲にわたるサポーターの交流イベントや地域のサッカーイベントなどを企画し、実行し、人々の心をつかんでいる。 自分自身もマッチデーには寝起き直後から遠方まで約7、8時間かけて足を運び、若手選手が拳を突き上げる瞬間や、激しい縦横無尽の駆け引きの中で知らず知らずに作られる笑顔をとにかく撮り続けている。

まとめ

彼の「ハンター佐野」というあだ名も非常に面白く、ゴールを奪った瞬間や、ライバル同士の取っ組み合いでは、彼が取り逃がすことのないように、ハンターのように動き回っている姿は、多くの日本のサッカーファンたちの心を捉えたに違いない。日本のサッカー文化において、決して大きなゴールを奪わなくても、何かしらの形で貢献している方がたくさんいる。そうした方々にも多く人々の目が向く日が来ることを願いたい。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です