「ハイボール」はなぜ「ハイボール」と呼ばれるのか

豆知識1:語源に迫る

「ハイボール」とは、ウイスキーをベースにしたカクテルの一種で、ソーダ水との割り合わせによって、泡立つ白い泡が特徴的な飲み物です。

この「ハイボール」の語源は、アメリカ英語の「Highball」から来ていると言われています。英語圏の鉄道業界で、列車の進行方向に対して点灯している緑色の信号を「Highball」と呼んでいたそうです。

そして、この「Highball」が「信号が緑=出発」という意味合いから、鉄道員たちが休憩中に飲んでいた清涼飲料水である「ソーダ水」にウイスキーを入れ、出勤前や休憩時間に飲むようになった時に「Highball」と呼ばれるようになったとされています。

豆知識2:ハイボールに使われるウイスキーの選び方

ハイボールには、スコッチ・ウイスキー、アイリッシュ・ウイスキー、バーボン・ウイスキー、そしてカナディアン・ウイスキーなど異なるウイスキーが使われますが、それぞれ違った特徴があります。

例えば、スコッチ・ウイスキーは、芳香性が高く、キレがある辛口タイプであり、アイリッシュ・ウイスキーは、優しい口当たりと適度な甘味があります。

一方、バーボン・ウイスキーは、メープルシロップやカモミールのような柔らかい香りが特徴で、軽い甘さとキレがあるのが特徴です。また、カナディアン・ウイスキーは、バーボン同様に柔らかい香りがあり、滑らかで辛口ながらも甘味があります。

豆知識3:ハイボールを美味しく味わうコツ

ハイボールを美味しく味わうには、ウイスキーとソーダ水の割合に加え、氷の量も重要です。一般的には、ウイスキーを1:2でソーダ水と割ることが多いですが、好みによって変えることができます。

また、氷によってハイボールの味わいが変わります。氷が多い場合、薄まってしまうためウイスキーの味が弱くなりますが、氷が少ない場合は濃厚な味わいが楽しめます。

最後に、ハイボールの材料が冷えていることも重要です。ウイスキーは常温で、ソーダ水は冷蔵庫で十分に冷やしてから使用することで、より美味しく、爽やかなハイボールが楽しめます。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です