ハチドリは1日に体重分の倍ものエサを摂取する

ハチドリについて

ハチドリは、世界最小の鳥の一つであり、南北アメリカに生息しています。その名の通り、花の蜜を吸うために長く細い嘴を持っており、また、高速で翼を動かすことで空中に浮遊することができます。

餌の摂取量

ハチドリは、小さな体にもかかわらず、1日に自分の体重分の倍近い量の餌を摂取することができます。そのため、1日になんとおよそ8回から12回も餌を摂取します。

消化能力の秘密

ハチドリの体は、餌を消化するために非常に効率的に作られています。例えば、胃の中には酵素が多く含まれており、食物の一部は消化するために胃を通過することなく、すぐに腸に送られます。

まとめ

ハチドリは、小さな体にもかかわらず、1日に体重分の倍近い量の餌を摂取することができます。その秘密は、効率的に消化できる体の仕組みにあります。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です