ジャガイモは毒素を含んでいる

ジャガイモの毒素とは

ジャガイモには、ソラニンという毒素が含まれています。

ソラニンは、茎や葉、青い部分に特に多く含まれています。

ジャガイモが食べられるのはなぜ

ジャガイモに含まれるソラニンは、一定量を超えると人間に中毒症状を引き起こすことがあります。

しかし、ジャガイモを適切に調理することで、ソラニンの含有量を減らすことができます。

また、市販されているジャガイモは、食用に適した品種で栽培され、毒素の含有量が少なくなっています。

その他の食品にも毒素は含まれている

ジャガイモに限らず、多くの食品には毒素が含まれています。

野菜や果物に含まれる毒素の中でも、代表的なものとしてアミン類やオキシレン酸が挙げられます。

食品を適切に調理し、摂取する量や頻度を注意することが大切です。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です