ペレちゃんが乗ったIFMシャンティの謎

出典

1993年、Jリーグ開幕記念試合のヴェルディ川崎VSサントスFC戦で、ペレ氏が乗ったとされる車両が登場したことがきっかけで知られるようになりました。その後、日本の企業IFMが製造していたという情報も伝えられました。

謎のシャンティ

この車両は、インタビューの中でペレ氏がシャンティと表現していたことから、シャンティという愛称で呼ばれるようになりました。しかしながら、この車両がどのような車両であるか、またIFMがどのような企業なのか、多くの謎が残されています。

IFMとは

IFMは、1983年に設立された株式会社で、主に軽自動車や原付の製造や販売を行っていました。また、医療機器や自動車用パーツの製造も手掛けていました。しかし、2000年代以降の情報が不明確であり、現在はどのような活動を行っているかは明らかになっていません。

シャンティの正体

車両の正体に関しては、諸説あります。IFMが製造した特注の車両であったというものや、軽自動車のベースにシャシーを製造して改造したものであったというものなどがあります。また、ペレ氏が乗ったことでその人気が高まり、一部ではレーシングカーやスポーツカーを改造したものであったという説もあります。しかし、真相はいまだに明らかにされていません。

まとめ

ペレ氏が乗ったIFMシャンティには、多くの謎が残されています。製造したIFMについても、現在の情報が不明確であり、シャンティの正体についても諸説紛々です。しかし、それがむしろシャンティを特別なものにしているとも言えるでしょう。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です