最も古い犬種、サロキ犬

豆知識1:起源は古代エジプト

サロキ犬は、最も古い犬種の一つとされています。その歴史は古代エジプトにまで遡ります。

当時は、貴族や王族の愛犬として、バラエティショーのような祭りで見せられたとされています。

また、狩猟に使用されたり、警備犬としても用いられたと考えられています。

豆知識2:長い胴、細長い体形が特徴

サロキ犬は、長い胴、細長い体形が特徴的です。そのスタイルから、猟犬としての能力が高く、アフガンハウンドやグレーハウンドとしても使われています。

一方で、背中の骨が浮き出てしまうこともあるため、運動量の多い犬種であることに注意が必要です。

豆知識3:オリンピックのメダリストも飼っている

サロキ犬は、アメリカのオリンピックのメダリスト、マイケル・フェルプス選手も飼っています。

フェルプス選手は、「私が水泳で成功するためには、本物のサポートが必要でした。それを彼女が与えてくれました」と、自身の妻であるニコールが飼っているサロキ犬についてコメントしています。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です