カメレオンの色の変化には「ストレス」が関係している

カメレオンの色の変化とは

カメレオンは、環境に合わせて体色を変化させることが知られています。これは、外敵から身を守るために環境変化に適応しやすくなるためです。

色の変化にはストレスが関係している

カメレオンが環境に合わせて体色を変化させるメカニズムには、脳内での指令によるものと、体表の色素細胞の欠片が動くことで変化するものの2つが考えられます。
ところが、最近の研究では、カメレオンがストレスを感じたり緊張したりしていると、体色が変化することが明らかになってきました。
ストレスを感じると、交感神経の働きによってストレスホルモンである「アドレナリン」が分泌され、これらの分泌物が細胞に作用し、体表の色素細胞の配列が変化して体色が変わると考えられています。

色の変化によるコミュニケーション

また、カメレオンが体色を変える理由として、交尾相手を探したり、敵から身を守ったりするためのコミュニケーションが挙げられます。
例えば、オスのカメレオンは発情期になると、頸部の色素細胞を変化させることで鮮やかな色を出し、メスにアピールします。
また、敵に遭遇した場合には、敵対心を煽るような色を出したり、身を隠すために背景に同化するような色を出したりすることで、身を守るための知恵を発揮しています。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です