驚くべきカシマシ謎解き

カシマシとは?

カシマシという言葉は、日本の江戸時代から存在する銅板に刻まれた謎解きのことを指します。

謎解きの面白さ

カシマシには、謎解き以外にも剣術や和歌、茶の湯など様々な分野の知識が必要なものがあり、多くの人々に愛されてきました。

最も難解なカシマシ

最も難解なカシマシのひとつに「秘書の漢字」があります。この謎解きには50枚に渡る銅板が必要で、全ての銅板には1文字ずつ漢字が刻まれています。しかも、これらの漢字は並べ替えると11句の和歌になるようになっており、正解するにはかなりの洞察力が必要です。

現代のカシマシ愛好家

現代でもカシマシを楽しむ人々はいますが、その数は減りつつあるようです。カシマシは、時間をかけて取り組むことが必要なため、現代社会で忙しく働く人々には合わないと思われがちですが、むしろその分だけ達成感や充実感を得ることができるとも言われています。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です